美容室での雑談は必要?嫌いになる原因かも

美容室はスタイリストもおしゃべりの人が多く、なんとない日常の出来事に話の花を咲かせたり雑談をする機会が多いように感じられます。しかしながら、皆が皆がスタイリストとのおしゃべりが好きなわけではなく、雑談が嫌いだという人も少なからずいるようです。

プライベートの話を何処までするか、またどこまで踏み込んでよいのかの加減がスタイリストにも求められます。何もかも話してしまうという人もいますが、そのようなときにスタイリストはお客さんのペースに合わせて話を聞いてあげることが必要となってきます。

ただ、美容室を利用するお客の中にも雑談が嫌いだという人もいらっしゃいます。また、スタイリストの中にも雑談が苦手だという人もいるため、歯車が合えば良いのですが、合わない場合にはギクシャクしてしまうのが美容室利用の難しいところです。

個人経営であれば、無口のスタイリストがカットやパーマ、そしてカラーリングなど一連の作業を行いますが、利用者は特に木にすることもありません。また、もう一人受付担当の人がいてその人がおしゃべりに付き合うことが出来る性格であれば、美容室は上手く機能していくことが出来るというものです。

美容室でのおしゃべりが嫌いな原因は様々ですが、スタイリストにもプライベートの線引が難しく、ついつい踏み込んでしまう人もいるようです。そのような要因がおしゃべり嫌いの原因となってしまっているようなのです。原因は様々ですが、とにかくスタイリストは相手のペースに合わせることができれば無難に会話をすることができます。

話し好きの人の場合には相手のペースに合わせて相槌を打ってあげること、また無口な人の場合には無理に話をせずにそっとしておいてあげることが良好な関係を保つことにも効果的です。しゃべりすぎて手が止まってしまうなんてことになれば次の予約に影響が出てしまいます。

よっておしゃべりなお客に対しては相槌を打ちながらも手をしっかりと動かして良いサービスを提供し、無口の方の場合にはこちらも合わせてしっかりとしたサービスを提供することができれば、スタイリストと利用客との良好な関係を築いていくことができるのです。

できれば長く固定客として利用してほしいというのがスタイリストの希望です。使命がツケばそれだけ収入に反映されるため、スタイリストとしても利用客獲得のために日夜技術を磨きながらより良い環境づくりに心を配っているのです。

お役立ちサイト

ページのトップへ戻る